ストーリー 一覧

【八戸市南郷】活きた原風景、やすらぎの里山。

【八戸市南郷】ノスタルジックパーク  平成17年に旧南郷村が合併した事により、日本有数の港町として知られる八戸市は更に、伝統的な里山の原風景を加味する事となりました。 八戸市南郷は山間部の暮らしぶりを今に伝えるだけでなく、半世紀も前に途絶え…

詳しく見る

【三戸町】レトロな町並みに11ぴきのねこだらけ

【三戸町】絵本の世界の原風景  広く東北地方を治めた盛岡藩の宗家は、実は青森県の南部町を発祥とし三戸町で勢力を誇った三戸南部氏である事はあまり知られていません。三戸城跡の「城山公園」を見上げるように広がる城下の古風な町並みには、大正時代の建…

詳しく見る

【五戸町】カラダに滲みる、ココロに沁みる。

【五戸町】カラダの外から健康美人  江戸時代、幕府直下の牧場を有していた五戸町。牧場の中にある牛の水飲み場から湧いたお湯が元と伝わり、温泉でくつろぐ牛のイラストロゴを掲げるのが「五戸まきば温泉」です。 無色透明でさらさらやわらかな肌触りのお…

詳しく見る

【五戸町】今、選ばれる。肉。

【五戸町】カラダの内から健康美人  新鮮なお肉の弾力、そして次第にやわらかくまろやかに溶けていく味わい、忘れかけていたお肉の充実感と喜び。古くからの名馬産地として馬を大切に扱ってきた五戸町だからこそ食べられる〝究極の馬肉〟は、県内外から「馬…

詳しく見る

【南部町】南部氏の隆盛と、親の愛

【南部町】歴史のミッシングリンクを手繰る 《聖寿寺館跡》 はちのへエリアは旧南部藩領に含まれ、南部氏発祥の地となるのが三戸郡南部町です。 南部氏は三戸町・三戸城で力をつけて歴史の表舞台に現れ、二戸市・福岡城~盛岡市・盛岡城へと居城を南に移し…

詳しく見る